避難場所

Entries

「聞く耳を持たなかった」 ~もう黙っとれん!皇室の思いを国民に伝えることこそが大事です

 「もう黙っとれん」
宮様がそんな卑近な表現をなさるのかどうか知りませんが
いわんとしているのはそういうことだと思います。
 天皇家のみなさん方が、目の前で起きた粛清をみれば
国民が想像もできないほどの恐怖・危機感を抱いているに違いないと推察します。
風岡典之・前宮内庁長官の首が突如切られ、ヒラメ長官に差し替えられましたが
官邸に盾突けば粛清されるアベ報復人事の典型といえます。

 これぞ国難、
手が付けられない危機に陥っているニッポンの政治状況です。
嘘、偽り、改竄、隠蔽などなど・・
もうやりたい放題のアベ自公政権、霞ヶ関です。

 その中でも究極の問題が天皇の政治利用です。
「美しい国日本」を合い言葉に
ネットウヨも雇って総動員させ、
神社本庁、日本会議、自民党らがひとつの目的に向かって驀進中です。
戦後体制は間違っていたと「アンシャンレジーム」を声高に叫び
戦前の体制に戻ろうぜ!と躍起になっています。

 彼ら極右勢力が待ち望んでいるのが、大日本帝国憲法です。
それが最終到達点ですが、さすがに一足飛びには行けないので
まずは2005年におそるおそる改憲草案をだし、
次の版では、本性を隠そうともせず、剥き出しにした2012版を出してきました。

その中から2つの条文を取上げます。
2012年11月23日(初版)から掲げているページから抜粋します。
 ■ ++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ --> こちら

ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版
自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版より
  クリックで原寸大
jiminnKenpo1_6-4_s.gif


 この条文で天皇を「元首」にすると規定しています。
現憲法においてはそのような明文規定はありませんが、
世界の国々においては日本国の元首は「天皇」であるとして、最高の待遇によってもてなされています。
 その元首を憲法に書き込むと問題がでてきます。
国民に主権があるとゆっておきながら、国民よりエラクなる・・・
という矛盾がでてきます。

 現憲法では「天皇は象徴だ」として、その存在のポジションも権威もあえて記載せず
その代わりに「象徴」という言葉を使っています。
よく考えられた表現です。
 そうしなければイケナイ理由があるわけです。
というのは前文において、
「主権が国民に存することを宣言し・・」と規定しています。
この意味は、日本国で一番エライのは「国民だよ」と、誤解のしようがないほどに
明確に国民主権を規定する必要がありました。

 大日本帝国憲法では、
第1条で天皇が日本国を統治すると規定していたからです。
 「 第一條 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」
これは天皇が頂点に立ち、もっともえらい存在だということを規定しています。

その反省から、現憲法では天皇の立ち位置がまったく異なることを
明確にする必要があったわけです。
実によく練られた条文です。

 これでなにもかもスッキリとはいかないにしても、
天皇制を現憲法下で存在させるには、現行の建て付けがベストだという理解です。
それなのに、そこにわざわざ「元首だ!」を規定したら、
国民主権と真正面からぶつかることになります。

 ①第一章 天皇(天皇)  第一条 --> こちら
第一章 天皇

天皇)
第一条 天皇は、日本国の元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴であって、その地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

第一章 天皇


第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
<-- 天皇が元首となり、国民主権と真正面からぶつかる。
九十九条と関連する。


 「承認が削除されています。
現憲法では天皇がご自分の意思でどこぞこへ慰霊にいきたいといえば
内閣が承認することで実現できています。
ところが自民党の改悪案では
それが削除され「進言」に置き換わっています。

 どういうことか?
聞く耳を持たないということです。
天皇がご自分の意思を伝える道が閉ざされるということです。
ひたすらに「進言」という天皇への一方通行しかないわけですから
天皇は内閣が指示することしかできませんし、許されません。
必然的に、言われるがままにならざるをえなくなります。
究極の天皇利用という最悪の事態になります。

 ②(天皇の国事行為等) 第六条第四項
4 天皇の国事に関する全ての行為には、内閣の進言を必要とし、内閣がその責任を負う。ただし、衆議院の解散については、内閣総理大臣の進言による。 第三条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

<--「助言と承認」が消え、代わりに「進言」に置換された。下手をすると、進言されたこと以外の余地がなくなり、勿論、拒否することも不可となる。天皇ご自身の自発的な意志及び行動も全否定される怖れがあり、5 とも併せ、政治利用され放題、政権の思うがままにされてしまう危険がでてくる!!

その典型例が国会解散など国事行為。内閣承認が不要となるので、権力者が天皇に指示するだけで解散が可能となる。すなわち「天皇」を使ってやりたいようにやる・・・それが最終到達点と考えられる。



やっとこさ、きょうの本題です。

 ※画像が大きすぎるので視認性をよくするために3つに分割します。

秋篠宮発言の波紋広がる もう隠しきれない安倍エセ保守政権の正体
あらわになってきた現政権と皇室の対立関係

gendai181201_s.jpg

「聞く耳を持たなかった」
  クリックで原寸大
gendai181201_m_1_s.jpg


  クリックで原寸大
gendai181201_m_2_s.jpg


天皇家を戦前回帰の国家をつくることに利用されたくない  クリックで原寸大
gendai181201_m_3_s.jpg

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/3370-ae0d3bb0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
8月1日、新URLに替わりました。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
差し替え準備中・・・ LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR