避難場所

Entries

【 分解 】ダイソー LED電球(40W型) ~定電流駆動デバイス

先の続きです。
 ■ 108円!現る ~ダイソー LED電球(40W型) --> こちら

 我が家にやってくるニューカマーたちの宿命です。
避けて通れない解体儀式。
 キャパシタで電流を制限する方式だろうと予想してましたが
AC入力にパラに接続されているキャパシタ※0.069μFで騙されました。
そんな手抜きな製品ではなく、
定電流ドライバで電流制限されていることがわかり、安堵しました。
これ以上省略できないほどの必要最小限の構成であり
100円で売ることに拘ったことがみてとれます。

DAISO LED電球40W型相当 LDA4N-G-T2/40W  クリックで原寸大
DAISO_LED40W_04_s.jpg


 そのデバイスですが、
「9003A H8090」と読める刻印があります。

DAISO LED電球40W型相当 LDA4N-G-T2/40W  クリックで原寸大
DAISO_LED40W_s.jpg


 いまのところ、その情報がみつかっていませんが
回路をみても複雑なことをやっているとは思えず
単に定電流の制御をしているだけだろうとみています。
ちょうどLM317を定電流デバイスとして使うような・・・?

 LEDセルとしては7個のモジュールが搭載されています。
7個が直列に接続されていて、全部に掛かる電圧が125.4Vほどです。
AC100Vを整流した後の電圧の殆どがそのまま掛かっている格好です。
ということで、
いわゆる筐体内部での電源回路による無駄な発熱を抑えられ
余分な発熱が減ることから放熱設計が楽になっています。
必然的に放熱用のプラスチックの量も少なくて済み、コスト削減にも寄与しています。

【 回路図 】
constant current driver:「 9003A H8090
DAISO LED Bulb LDA4N-G-T2/40W  クリックで原寸大
DAISO_LED40Wcircuit_s.gif


【 追記 】
 参考となりますが、
「Bright Power Semiconductor Co.」社のBP5131Sと、ピンアサインが同じです。
Vref.600mV(5%)もちょっと違うようですし、勿論マーキングも違いますが
セカンドソース品なんかかもしれません。
 ※仕様やブロック図も参考になると思います。
Description
BP5131S is a high current precision Linear LED Driver,integrated with High Voltage regulation switchers and JFET supply, specially designed for AC line LED strings forwarded with high voltage and low current.
In application, it supports a quite small BOM benefit from no ECAP and no Magnetics, compile with EMI and safety standard.
BP5131S can drive precision constant current by option of an external resistor, and set up the LED strings in group linear compile with THD performance. Typical 30mA LED current is optimized for 220V line voltage.

Features
 ◆ High integration,all SMTs in small size.
 ◆ No ECAPs and magnetics
 ◆ Integrated with 500V HV MOS, saved on safety components.
 ◆ Fast startup
 ◆ LED current set by external resistors with ±5% accuracy.
 ◆ On chip thermal regulation.
 ◆ Compensation for line regulation
 ◆ In SOT89-3 package.
9003A_BP5131S.pdf

【追記2】
アルミ基板裏側の一部がわかってきました。
 ◇ 【100均】ダイソーの100円LED電球入手!【意外とイイかも】 --> こちら

 隠れていた電解コンデンサーは200V12μFと判明、
    (※基板上で測定すると11.5μFという値を示す)
さらにヒューズ抵抗らしきモノが挿入されていることもわかりました。

ダイソー100円LED電球
seasons  クリックで原寸大
DAISO_LED40_12uF_s.jpg



【 追記3 】
AC入力のヒューズ抵抗値が
詳しく調べられているブログでわかりました。0.47Ω。
 ◇ 【分解】ダイソーの108円LED電球 --> こちら

ほか、筐体の内部は放熱用樹脂だけだと思っていましたが
その内側にはアルミ材も使われていることがわかり
放熱については万全を期していて文句の付けようのないこともわかり
納得しました。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/3337-6bfcf78d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
8月1日、新URLに替わりました。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
差し替え準備中・・・ LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR