避難場所

Entries

カーバッテリーの点検 ~比重をチェック

 ガソリンスタンドも廃業が珍しくなくなり、業界の苦しさがヒシヒシと伝わってきます。
きょうび、
「いらっしゃいませぇ!」と元気よく店員さんが飛び出してきてくれる店はほとんどなくなり
窓ふきなどサービスを受けることもなく味も素っ気もないです。
必然と、ボンネット開けてバッテリーなどを点検してくれる店もなくなりました。
 となると、
バッテリー液ぐらいは自分で点検・補充する必要がでてくるので
たまにはボンネットを開けてみるのも非日常を体験するにはちょうどいいです。

 車に積んでいる鉛バッテリーというのは、
充放電を繰返しているのでバッテリー液が少しずつ減っていきます。
ですから、下限ラインを越えないように液を補充させる必要があります。
それを怠って長期間使い続けると、バッテリーの寿命を著しく縮めてしまいます。
(大チョンボやってしまったことがある。極板が剥がれ、最悪となった。)

 カンカン照りの大渋滞でもない限りバッテリーを特に酷使することもなく、
サンデードライバー的な使い方が主であれば、まずバッテリーが悲鳴を上げることもないと思います。
なので、希硫酸の比重まで測る必要もなく、液レベルのチェックと補充だけで大丈夫ですが
長い間使い続けているバッテリーでは一度チェックしておくと
その後も自信をもって安心して使うことができます。

比重計内蔵タイプもあるが・・・
 バッテリによっては簡単な比重計が内蔵されているタイプもあり
大まかな目安とはなりますが、
しかし、12Vバッテリーでは6つの槽に分かれていて
そのうちの1つの槽だけをチェックしているに過ぎないので
他の5つの槽がどうなっているかは皆目わかりません。
なので、そのような内蔵の比重計をまるっと鵜呑みにするのは、要注意です。

 特に液が少ないまま使っていたバッテリーは比重のチェックは欠かせません。
液を補充し、通常走行したあとで各槽の比重を測るのは必須です。
比重が元に戻らない槽がありうるからです。

【 実際の比重測定 】
 そこで各槽に比重計を突っ込んで測ってみました。

Battery Hydrometer  クリックで原寸大
hydrometer_04_s.jpg


Battery Hydrometer 1.09~1.32 (20℃)  クリックで原寸大
hydrometer_02_s.jpg


      1.23  1.25  1.25  12.55  1.26 .1.25

一番左の槽が1.23と若干低めなので今後も要注意です。
他は正常レベルでした。
 
 ※この槽だけでなく他の槽もサルフェーションが進んでいると思われます。


比重値 】(※バッテリー液の温度が20℃)
 ◇ 鉛バッテリーの比重値と充電状態、液温の関係とは?比重の測定方法 --> こちら より引用させていただきます。
1.2801.2701.2601.2501.2401.2301.2201.2101.2001.1601.120
充電状態(%)10093.7587.5081.2575.0068.7562.5056.2550.0025.000.00

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/3317-75c7cdcb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
8月1日、新URLに替わりました。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
差し替え準備中・・・

Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR