避難場所

Entries

TPA3123D2 デジタルアンプ ~インダクタを交換

 インダクタはエナメル線を手巻きしてトロイダルコイルを作ります。
といっても、
エナメル線もそこそこ太いですし、コアも小さめなので
機械で巻くのと違って均一に仕上げるのはなかなか難しいです。

 手持ちのトロイダルコア(Yellow 9.0x17.8x5.1mm)に0.7mmのエナメル線を27回、
これで27μHとなり22μHよりちょっと多めですが細かいことはとりあえず置いときます・・・。

TPA3123D2 Digital Amplifier --replace inductors  クリックで原寸大
TPA3116D2mod_01_s.jpg

ホンチャンのコアが届くまでこれで凌ぎます。
ただ今動作をチェックしていますが、ちゃんと鳴りますし、大丈夫そうです。

 実はこのアンプには裏話がありまして、
大陸から届いたまではよかったですが
封を開けてみると基板上のインダクタのフェライトコアが割れ、臓物が丸見え。
内部の巻線が繋がっている銅板も半分切れてしまい、惨憺たる破損状況です。
表面実装部品なので一緒にパターンが剥がれても不思議なかったほどに破滅的破損でしたが
幸いにもプリント面の損傷はありませんでした。

 基板上にはインダクタが2つ搭載されています。
TPA3123D2 Digital Amplifier  クリックで原寸大
TPA3123D2amp_s.jpg

TDK SLF12575T220M 22μH 4A 0.026ohm 12.5x12.5H7.5mm

 これら2つともが割れ、(基板の端っこのは大破壊、内側のは小さな割れ)
いったいどんな力が外部から加わるとこのように壊れるのか、謎です。
梱包も問題無く
ちゃんとエアーキャップにくるまれ、さらに白色の緩衝材の中に収まっていたので
なんでこんなに壊れるのか、訳わかりません。

 このインダクタは閉磁路タイプなので、割れてしまうと当然にインダクタンスは小さくなります。
瞬間接着剤で修復しようと、破片を探しますがそれが封筒の中に見つかりません・・・
ぬぬ!?
封筒に破れはないので、
内部で破損したらなら破片がポロッとでてきて当然ですが、それが見つかりません。
量子力学ではないが封を開けた瞬間に消滅?
それとも開封時、気が付かないところで飛び出した・・・?

 壊れ方も奇妙ですが、
円筒形側面の1/3ほどを占める大きな破片(目に付く大きさ)が見つからないことも、なんか妙です。
その他に、基板の表面にはうっすら埃を被っていて、真新しい雰囲気が存在しません。
そんなモノが大陸から届いたというお話です。(中古品をオーダーしたわけでなく、New。)

 さっそく、写真を添えて破損状況だけをメールしました。
するとすぐに返信があり「返金か再送付」を選んでくれということなので
もっかい送ってもらうことになりました。

 実はメールには不可解なことは一切伝えてありません。(淡々と破損状況だけ)
なにかゴチャゴチャいってきたら出そうと、カードは残してあります。
ということなので具体的・詳細な破損状況はいまの段階では公開できません。
次はまともなモノが来るだろうと心待ちにしているところです。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/2351-5c2641d1

トラックバック

コメント

[C540] 思わぬモノにたまげたり、それを楽しんだり

>埃というば、例のPAMのアンプで、壊れていずに埃を大量に被って錆びた商品

埃といえばそういうのも送られきますね。
方や帯電防止袋に密閉されているものもそこそこあり
それら完全密閉されているアイテムはなんとかく信頼性がありそうでして
半田付けなども文句ない仕上がりになっているものが多いです。

>完成品アンプ(ケースに組込)の商品で、コアの欠けたインダクタを取り付けてあったものがありました。
コアが欠けているとインダクタンスも小さくなり動作に支障がでることもありますがクレームの対象となるようなものだったでしょうか。

欠けたものといえば強烈な一品がありました。
カーラジオのアンテナ信号を増幅するアダプタを注文して早速分解すると
あるはずの能動部品が基板の上に一つもなく
1,2個のチップ部品があるだけでした。
それなのに一丁前に12v電源用のリード線はケースからでているモノでした。
外観だけを見れば確かにアンプアダプタと見えます。
出力信号ケーブルもちゃんとあり電源ケーブルも一本ついているので。
分解しないと見破れないシロモノでした。

「能動部品がひとつもないのでこれはアンプではなく
表示に偽りがある」とクレームを上げて返金となりました。
いわゆる張りぼてだった、です。

その基板にはICかトランジスタを載せるパターンはあるので
回路図を起して相応の部品を載せれば機能させることはできそうですが
そこまではやっていないです。
これが東の横綱でした。

そのほか色々あり話が尽きませんが
こんどはどんなモノが来るのかと
トラブルを楽しんでるところもあります。

[C538]

>埃を被っていたことも繋がってきます。

なるほど。そのようにも推測できますね。しかし、埃というば、例のPAMのアンプで、壊れていずに埃を大量に被って錆びた商品が届いたことがありましたので判断の難しいところでしょうね。

先にお話しした例の他にも、完成品アンプ(ケースに組込)の商品で、コアの欠けたインダクタを取り付けてあったものがありました。これも組み上がって後に破損する状況(部品配置の観点から)にないものでした。
  • 2017-02-25 12:11
  • MA
  • URL
  • 編集

[C537] MAさん、ご無沙汰です。

>私も不可解な破損の事例を経験
そうでしたか。
実は破損といえばトロイダルコアーが送られてきたとき、その内の1つが割れていたことがありました。
外部梱包はちゃんとしていても小袋の中ではコアー同士がぶつかり合うので衝撃にはとても弱いコアーですから割れて当然です。
2つに割れた破片同士も小袋の中にあるので瞬間接着剤で形成し、なんとかコアとして使えるようになりました。(苦笑)
割れた分だけ返金でした。

このアンプですが、
コアー部分の半田付けもリフローです。
大破損の方は電極がしっかりプリント面に残っていましたが、
小破壊の方の、片側電極は完全な天ぷら状態でして
半田が流れた形跡がないです。
その場所は電解コンデンサーとの間なので外から視認できず
それが原因でアンプとしての動作が満たされず
不良品として刎ねられていたモノではないかと推察しています。
そして不良品を決定づけるために破壊した。
製造現場では見かけることです。

それがなぜか送られてきた・・・
という推理です。
埃を被っていたことも繋がってきます。


[C535] TPA3123D2 デジタルアンプ ~インダクタを交換

こんにちは。MAです。ご無沙汰しております。

この壊れたインダクタですが、最初から壊れたもの(あるいは壊れかけのもの)を基板に乗せたとは考えられないでしょうか。私も不可解な破損の事例を経験したことがあり、この時、先の通りの解釈で破損を納得できたことがありました。
  • 2017-02-24 16:13
  • MA
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
ネームサーバー不安定の為ご迷惑をおかけしています。非常用URLは残しておきます。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
 嘘八百を並べ立てて、強行採決を繰り返して国民を愚弄してきた衆参450超える自公の罪は極めて重い。次の選挙で厳しい制裁が下されるであろう。
 森友事件でも安倍政権のウソが次々バレ、「真相を語っていたのは籠池のオッサン」だったと認識を新たにした。
「改竄前決裁文書」に残っていた経緯説明は籠池氏証言と一致していた。
一部の自民が虚偽証言だ!と息巻いたが政府与党は籠池証言の「真正さ」を知っていたので手出し出来なかった。
 証人喚問を尽く拒否し続け、嘘の文書を元に国会の審議を1年以上妨害してきたアベ自公政権だった。
 ウソの資料によって国会の質問権を妨害したことで偽計業務妨害が問われ、有印公文書偽造の被疑事実はこれで確定した。
 共謀罪も問われることになるので行政のトップを含め関係者を聴取をすべく検察が動かなければならないしそれを期待するが、如何せん検察は既に腐っているのでトカゲの尻尾だけでお茶を濁すだろうことが見えている。
 堕落腐敗した刑事司法の頂点にいてその元凶となっている最高裁事務総局を解体し、併せて検察から起訴独占を取上げる。
検察組織を解体して特別検察官制度創設が急務の事態となった。
それを実行に移さない限り、森友事件にはじまる一連のモリカケレイプが解明されることはないだろう。
LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR