避難場所

Entries

Arduinoで周波数カウンター 1 ~ライブラリー設定ミス

今回、インクルードファイルの置き方でまごつき、
思わぬ時間を喰ってしまったので
忘れないうちにその記録をメモしておきます。

周波数チェック風景
付属の基板が専用のプリント基板ではなく
蛇の目なので配線がメンドクサくって、
そのまま放置された「秋月電子・50Hz超高精度クリスタルタイムベースキット」です。
マニュアルの日付が1986.6.10、記憶をたどっても30年は眠ったままだったということです。
ようやく陽の目をみたのですが、5、6桁目がフラフラ・・・

 周波数カウンター側の精度か?
はたまた電源に問題があるのか?
別の周波数カウンターも来るので原因を突き止めるのはしばしお預けです。

TOYOCOM TC0-703A 12.80000MHz 1/100周波数測定中・・  クリックで原寸大
arduinoFcounter12800_01_s.jpg


Arduinoでも測ってみると、
やはり5、6桁目が定まらない・・・
Arduino Frequency Counter  クリックで原寸大
arduinoFcounter12800_s.gif


スケッチはこちらのサイトから拝借させてもらいました。(未調整)
■ Arduino-Frequency-Counter --> こちら
FrequencyCounter.ino
* The MIT License (MIT)
*
* Copyright (c) 2016 RuntimeProjects
*
* Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
* of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
* in the Software without restriction, including without limitation the rights
* to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
* copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
* furnished to do so, subject to the following conditions:
*
* The above copyright notice and this permission notice shall be included in all
* copies or substantial portions of the Software.
*
* THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
* IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
* FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
* AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
* LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
* OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE
* SOFTWARE.
*/
#include
LiquidCrystal lcd(8, 9, 4, 5, 6, 7);
long microSecs;
long freq;
int lastBit;
int nowVal;
long secs;
long maxHz;
long minHz;
long minmax;
void setup() {
// set up the LCD's number of columns and rows:
lcd.begin(16, 2);
// Print a message to the LCD.
lcd.print("Loading...");
pinMode(A1,INPUT);
pinMode(A5,OUTPUT);
microSecs = micros();
freq = 0;
lastBit = 0;
nowVal =0;
maxHz=0;
minHz=0;
minmax=0;
secs = millis();
//Serial.begin(9600);
}
int x=0;
void loop() {
if ((microSecs+20)nowVal=digitalRead(A1);
if (lastBit!=nowVal) {
lastBit=nowVal;
freq=freq+1;
}
if (freq>maxHz){
maxHz=freq;
}
if (freqminHz=freq;
}
//lcd.clear();
//lcd.print();
microSecs = micros();
}
if (secs+1000if (minmax+300000{
minmax=millis();
minHz=freq;
maxHz=freq;
}
lcd.clear();
lcd.print((freq/2));
lcd.print("hz");
lcd.setCursor(0,1);
lcd.print("+: ");
lcd.print(maxHz);
lcd.print(" -: ");
lcd.print(minHz);
freq=0;
secs=millis();
}
}

 久々にArduinoを引っ張り出してきたまではよかったですが
すっかり赤の他人になっていたことにも気づかず、ヘッダーファイルの指定などでトラブってしまいました。
ずっと前に設定していたことなどはすっかり忘れていたのにかかわらず、
思い込みと誤解でやりだしたものですから目も当てられません。
無駄な時間を使うことになりました。

 ※解決した後で知ったサイトです。参考になります。
 ◇ arduinoIDEの使い方:自作ライブラリの作り方 --> こちら

 arduinoIDEのインストについては、レジストリを汚したくないなら任意のディレクトリに展開することでもき
その場合でもなにも意識しない場合はデフォルトで
C:\Documents and Settings\xxxx\My Documents\の下に自動で「Arduino」ディレクトリが作られ
その下に「libraries」ディレクトリも作られます。その中に保存されることになります。
その際、「スケッチ」→「ライブラリーを使用(Add Library)」で設定すれば間違わなくて便利です。

今後、同じゴタゴタを繰り返さないようにするために
これまではIDEのバージョン毎に違っていた追加のライブラリーの保存場所を一本化します。
  C:\Documents and Settings\xxx\My Documents\Arduino --> I:\Arduino\の下の「libraries」に全て集める。
I:\Arduinoまでを指定すれば自動で「libraries」ディレクトリも作ってくれます。

 ※IDEをインストするとき、予めライブラリーの保存場所を指定したいときは
「ファイル」→「環境設定(Preferences)」で設定すれば、その下に「Libraries」のディレクトリ作られその下に保存されます。


こちらも高精度な周波数カウンター
◇ GitHub - PaulStoffregen/FreqCount --> こちら

なお、他にも表示がめちゃくちゃくになるトラブルがあり、それは次回へ
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/2259-b56203ab

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
ネームサーバー不安定の為ご迷惑をおかけしています。非常用URLは残しておきます。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
 嘘八百を並べ立てて、強行採決を繰り返して国民を愚弄してきた衆参450超える自公の罪は極めて重い。次の選挙で厳しい制裁が下されるであろう。
 森友事件でも安倍政権のウソが次々バレ、「真相を語っていたのは籠池のオッサン」だったと認識を新たにした。
「改竄前決裁文書」に残っていた経緯説明は籠池氏証言と一致していた。
一部の自民が虚偽証言だ!と息巻いたが政府与党は籠池証言の「真正さ」を知っていたので手出し出来なかった。
 証人喚問を尽く拒否し続け、嘘の文書を元に国会の審議を1年以上妨害してきたアベ自公政権だった。
 ウソの資料によって国会の質問権を妨害したことで偽計業務妨害が問われ、有印公文書偽造の被疑事実はこれで確定した。
 共謀罪も問われることになるので行政のトップを含め関係者を聴取をすべく検察が動かなければならないしそれを期待するが、如何せん検察は既に腐っているのでトカゲの尻尾だけでお茶を濁すだろうことが見えている。
 堕落腐敗した刑事司法の頂点にいてその元凶となっている最高裁事務総局を解体し、併せて検察から起訴独占を取上げる。
検察組織を解体して特別検察官制度創設が急務の事態となった。
それを実行に移さない限り、森友事件にはじまる一連のモリカケレイプが解明されることはないだろう。
LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR