避難場所

Entries

TA2020 Class T Amplifierで十分ですが・・・ ~ TP2050も聴いてみたい

長生きはしてみるものだと、思うこの頃です。
なんのことはないです。
ただ手作りのスピーカーやアンプからでてくる音を聴いているだけなんですが。

 これらはとても安価です。
大陸が世界の工場となったお陰で、
お金を掛けずにいい音を味わえるような装置を作れるようになったことが、なんといっても最大のポイントです。

 生理学的な聴覚細胞の衰えは歳を重ねるごとに進んでいくのでどうしようもありませんが、
音を認識して処理しているのは脳みそなので、そこはなんとかしようがあると考え、
俗に言う耳を鍛えるという実験をしています。

この機能というのは、
年齢にかかわらず成長させることはできるだろうという仮説を、身をもって試しているところです。
 実際にそれを実践しよとすると、まずは自分の耳がどの程度かを評価しなくてはならないですが、
如何せん、世の中に定規があるわけでもなく、
自分の脳みその中に定規を作るほかないです。
こればかりは、とにかくやってみるほかありません。

 これは雲を掴むような話なので、手っ取り早くやるために、
高価な音響システムに走ってしまうのも致し方ないと思います。
 思い出してみれば私めもそうでした。
多感な頃から聴いているので随分長いことやっていますが
途中は仕事中心になりご無沙汰時期も長いことあり、再びやり出したこの頃です。
 その頃は送信機や真空管アンプやスピーカーなどを作ることに主眼があって
音楽そのものを味わうというより、「ドンドン、シャリシャリ」を楽しんでいた時分でした。
じっくり音楽を楽しむようなシナプスも形成されてない状態だったと思います。

 その後、楽器を弄り出し、
バッハを皮切りにレコードを集め、エアーチェックでは7号リールに貯めまくりました。
アナログ機器全盛の時代でした。

いつの間にかデジタルアンプの時代
デジタルアンプが流行っていることを知り、のめり込んでいきました。
アナログアンプでは聴いたことがなかった鮮烈な音に打ちのめされたとは大袈裟ですが
そんな強烈なショックでした。
 Dクラスアンプを聴き込んでいくうちに同じデジタルアンプの仲間ですが、
D級とも違うトライパス社のTアンプに興味が移っていきました。
 
 Class T Amplifier TA20202-20
 SA-98EのようなD級アンプとも違い、いつまで聴いていても疲れず、
また、PAM8610のように歪みが耳につくことなく、高音域も文句なしです。
なんとも興味深い音です。

Class T Amplifier TA20202-20  クリックで原寸大
TA2020-20_01_s.jpg


ということで、ながら族にぴったしです。
アンプ基板には1年間のワランティーが付いているので改造はやめていますが
空芯コイルを自作したり、コンデンサーを交換したり、いろいろトライしてみようと予定しています。

このようにとても興味深いトライパス社独自の「Class T Amplifier」ですが、
模倣されるのを警戒したのか、その情報がほとんどありません。
動作原理やブロック図もおおざっぱ過ぎて、内部の仕組みを理解するところまでいきません。

【 原理 】
http://www.electroschematics.com/356/audio-amplifiers-from-class-a-to-t/
Class S and T amplifiers  クリックで原寸大
class-s-amplifier_s.gif


class-s-amplifierSony developed its S-Master technology and Tripath has devised its class T amplifier. In its S-Master technology, Sony combined several techniques to make the class D configuration suitable for domestic hi-fi applications. Here the process of converting the incoming signal into a corresponding pulse-width signal is called complementary pulse length modulation.
Tripath has developed a technique that combines the signal quality of class A and AB amplifiers with high efficiency ( around 80-90%). This is done using a combination of analogue and digital circuitry, togheter with digital algorithms that modulate the input signal using a high-frequency switching waveform.

ちなみにクラスDアンプでは、

Class D amplifiers  クリックで原寸大
class-d-amplifier_s.gif


class-d-amplifierClass D amplification it refers to a switchig amplifier that uses pulse-width modulation. The input signal is compared with a triangular waveform and the signal from the comparator switches the output stage to the positive or negative supply voltage. This is done using a very swithing frequency which is usyally ten times or more than the audio bandwidth (200kHz or above). As the output stage only has to switch, its efficieny is very high. However, there also a number of drawbacks to this approach. It is rather difficult to keep the signal waveform free of distorsion, a hefty output filter is required and drastic measures must be takes to limit radiated interference. For low-distorsion amplification, it is always necessary to use negative feedback.


次に狙っている、TA2020-20の上位機種だとどんな音を聴かせてくれるだろうかと、
期待を込めてTP2050を注文したところです。

電源はあり合わせですが、既に用意してあります。
 ■ ACアダプターを直列運転してみる ~12V3.7Aを2台で24Vを確保 --> こちら
任天堂「Wii AC ADAPTER RVL-002(JPN)  クリックで原寸大
TP2050_01_s.jpg

Class T digital amplifier board, non generic class AB as TDA7492, TPA3123 unmatched, distortion and power are not in an order of magnitude. Class T amplifier class AB amplifier sound quality comparable to both new and efficient Class D amplifier, using original Tripath's Class-T Digital TK2050 chip designed with good sound quality, low distortion, high efficiency, good use of materials, small size, appearance generous.
In order to guarantee high-quality sound, the use of imported audio-specific capacitors, such as imported ERO, ELNA SILMIC Ⅱ ruby

Class T amplifier technology highlights:
1. Compared with traditional high class AB audio amplifier, power amp or even catch up with fever
2. single supply design, wide DC voltage power supply
3. the use of a fever-level audio input coupling capacitor, the sound quality is more beautiful;

Specifications:
Work mode: T class
The output power is about: 50W * 2
About output power:
DC12V 8 Europe = 30 ~ 40W
DC24V 8 Europe = 40 ~ 50W
DC32V 8 Europe = 45 ~ 60W (This voltage is recommended to install cooling fans better)
Audio Input: low signal input
Suitable Music Box: Any 4-8 ohm
Efficiency: 92%
Switching frequency: 650KHz
Working voltage: DC12V to DC30V (recommended voltage DC24V)
Static Current: 60mA
P C B Size: 93 * 65 * 20MM
Package include:
1 x TK2050 50W+50W Dual Channel Class T HIFI Stereo Audio Amplifier Board

 ■ 遅れてやって来たデジタルアンプ ~TA2020-20 --> こちら
 ■ ACアダプターを直列運転してみる ~12V3.7Aを2台で24Vを確保 --> こちら
 ■ PAM8610 D級アンプ、盛大なノイズ ~EMI対策用クランプフィルターで消滅 --> こちら
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1911-caa4980d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
ネームサーバー不安定の為ご迷惑をおかけしています。非常用URLは残しておきます。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
 嘘八百を並べ立てて、強行採決を繰り返して国民を愚弄してきた衆参450超える自公の罪は極めて重い。次の選挙で厳しい制裁が下されるであろう。
 森友事件でも安倍政権のウソが次々バレ、「真相を語っていたのは籠池のオッサン」だったと認識を新たにした。
「改竄前決裁文書」に残っていた経緯説明は籠池氏証言と一致していた。
一部の自民が虚偽証言だ!と息巻いたが政府与党は籠池証言の「真正さ」を知っていたので手出し出来なかった。
 証人喚問を尽く拒否し続け、嘘の文書を元に国会の審議を1年以上妨害してきたアベ自公政権だった。
 ウソの資料によって国会の質問権を妨害したことで偽計業務妨害が問われ、有印公文書偽造の被疑事実はこれで確定した。
 共謀罪も問われることになるので行政のトップを含め関係者を聴取をすべく検察が動かなければならないしそれを期待するが、如何せん検察は既に腐っているのでトカゲの尻尾だけでお茶を濁すだろうことが見えている。
 堕落腐敗した刑事司法の頂点にいてその元凶となっている最高裁事務総局を解体し、併せて検察から起訴独占を取上げる。
検察組織を解体して特別検察官制度創設が急務の事態となった。
それを実行に移さない限り、森友事件にはじまる一連のモリカケレイプが解明されることはないだろう。
LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR