避難場所

Entries

赤外線モーションセンサー ~実用になります

このセンサーは熱をもった物体が動いたときに検知し、出力端子に数ボルトの信号を出す基板です。
ということで、
この基板だけで明るいランプを点灯させたり、大きな警告音を発したりすることはできません。
が、基板の消費電流がわずか65μAと少なく、7mほどの検知能力もあるので
基板からの信号をリレー回路に入力するなどの少しの付加回路を外部に追加すれば多彩な応用ができます。

  クリックで原寸大
HC-SR501_s.jpg


【基板の回路図】
  クリックで原寸大
HC-SR501fig_s.gif


Arduinoに繋いでPin13のLED(基板上のLED)で検知を表示
  クリックで原寸大
ArduinoMotionSensor_s.jpg

【スケッチ】
http://randomnerdtutorials.com/arduino-with-pir-motion-sensor/
/*
Arduino with PIR motion sensor
For complete project details, visit: http://RandomNerdTutorials.com/pirsensor
Modified by Rui Santos based on PIR sensor by Limor Fried
*/

int led = 13; // the pin that the LED is atteched to
int sensor = 2; // the pin that the sensor is atteched to
int state = LOW; // by default, no motion detected
int val = 0; // variable to store the sensor status (value)

void setup() {
pinMode(led, OUTPUT); // initalize LED as an output
pinMode(sensor, INPUT); // initialize sensor as an input
Serial.begin(9600); // initialize serial
}

void loop(){
val = digitalRead(sensor); // read sensor value
if (val == HIGH) { // check if the sensor is HIGH
digitalWrite(led, HIGH); // turn LED ON
delay(100); // delay 100 milliseconds

if (state == LOW) {
Serial.println("Motion detected!");
state = HIGH; // update variable state to HIGH
}
}
else {
digitalWrite(led, LOW); // turn LED OFF
delay(200); // delay 200 milliseconds

if (state == HIGH){
Serial.println("Motion stopped!");
state = LOW; // update variable state to LOW
}
}
}

【マニュアル】:
https://www.mpja.com/download/31227sc.pdf
HC-SR501 PIR MOTION DETECTOR
Product Discription
HC-SR501 is based on infrared technology, automatic control module, using Germany imported LHI778 probe design, high sensitivity, high
reliability, ultra-low-voltage operating mode, widely used in various auto-sensing electrical equipment, especially for battery-powered automatic
controlled products.
Specification:
◦ Voltage: 5V – 20V
◦ Power Consumption: 65mA
◦ TTL output: 3.3V, 0V
◦ Delay time: Adjustable (.3->5min)
◦ Lock time: 0.2 sec
◦ Trigger methods: L – disable repeat trigger, H enable repeat trigger
◦ Sensing range: less than 120 degree, within 7 meters
◦ Temperature: – 15 ~ +70
◦ Dimension: 32*24 mm, distance between screw 28mm, M2, Lens dimension in diameter: 23mm

Application:
Automatically sensing light for Floor, bathroom, basement, porch, warehouse, Garage, etc, ventilator, alarm, etc.

Features:
◦ Automatic induction: to enter the sensing range of the output is high, the person leaves the sensing range of the automatic delay off high,
output low.
◦ Photosensitive control (optional, not factory-set) can be set photosensitive control, day or light intensity without induction.
◦ Temperature compensation (optional, factory reset): In the summer when the ambient temperature rises to 30 ° C to 32 ° C, the detection
distance is slightly shorter, temperature compensation can be used for performance compensation.
◦ Triggered in two ways: (jumper selectable)
◦ non-repeatable trigger: the sensor output high, the delay time is over, the output is automatically changed from high level to low level;
◦ repeatable trigger: the sensor output high, the delay period, if there is human activity in its sensing range, the output will always remain
high until the people left after the delay will be high level goes low (sensor module detects a time delay period will be automatically
extended every human activity, and the starting point for the delay time to the last event of the time).
◦ With induction blocking time (the default setting: 2.5s blocked time): sensor module after each sensor output (high into low), followed by a
blockade set period of time, during this time period sensor does not accept any sensor signal. This feature can be achieved sensor output
time “and” blocking time “interval between the work can be applied to interval detection products; This function can inhibit a variety of
interference in the process of load switching. (This time can be set at zero seconds – a few tens of seconds).
◦ Wide operating voltage range: default voltage DC4.5V-20V.
◦ Micropower consumption: static current <50 microamps, particularly suitable for battery-powered automatic control products.
◦ Output high signal: easy to achieve docking with the various types of circuit.

Adjustment:
◦ Adjust the distance potentiometer clockwise rotation, increased sensing distance (about 7 meters), on the contrary, the sensing distance
decreases (about 3 meters).
◦ Adjust the delay potentiometer clockwise rotation sensor the delay lengthened (300S), on the contrary, shorten the induction delay (5S).

Instructions for use:
◦ Sensor module is powered up after a minute, in this initialization time intervals during this module will output 0-3 times, a minute later enters
the standby state.
◦ Should try to avoid the lights and other sources of interference close direct module surface of the lens, in order to avoid the introduction of
interference signal malfunction; environment should avoid the wind flow, the wind will cause interference on the sensor.
◦ Sensor module with dual probe, the probe window is rectangular, dual (A B) in both ends of the longitudinal direction
◦ so when the human body from left to right or right to left through the infrared spectrum to reach dual time, distance difference, the greater
the difference, the more sensitive the sensor,
◦ when the human body from the front to the probe or from top to bottom or from bottom to top on the direction traveled, double detects
changes in the distance of less than infrared spectroscopy, no difference value the sensor insensitive or does not work;
◦ The dual direction of sensor should be installed parallel as far as possible in inline with human movement. In order to increase the sensor
angle range, the module using a circular lens also makes the probe surrounded induction, but the left and right sides still up and down in
both directions sensing range, sensitivity, still need to try to install the above requirements.

1 working voltage range :DC 4.5-20V
2 Quiescent Current :50uA
3 high output level 3.3 V / Low 0V
4. Trigger L trigger can not be repeated / H repeated trigger
5. circuit board dimensions :32 * 24 mm
6. maximum 110 ° angle sensor
7. 7 m maximum sensing distance

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1811-1c7e60f0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒


【おしらせ】
ネームサーバー不安定の為ご迷惑をおかけしています。非常用URLは残しておきます。
--> Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

「管理人」

【ときどきのメッセージ】
 嘘八百を並べ立てて、強行採決を繰り返して国民を愚弄してきた衆参450超える自公の罪は極めて重い。次の選挙で厳しい制裁が下されるであろう。
 森友事件でも安倍政権のウソが次々バレ、「真相を語っていたのは籠池のオッサン」だったと認識を新たにした。
「改竄前決裁文書」に残っていた経緯説明は籠池氏証言と一致していた。
一部の自民が虚偽証言だ!と息巻いたが政府与党は籠池証言の「真正さ」を知っていたので手出し出来なかった。
 証人喚問を尽く拒否し続け、嘘の文書を元に国会の審議を1年以上妨害してきたアベ自公政権だった。
 ウソの資料によって国会の質問権を妨害したことで偽計業務妨害が問われ、有印公文書偽造の被疑事実はこれで確定した。
 共謀罪も問われることになるので行政のトップを含め関係者を聴取をすべく検察が動かなければならないしそれを期待するが、如何せん検察は既に腐っているのでトカゲの尻尾だけでお茶を濁すだろうことが見えている。
 堕落腐敗した刑事司法の頂点にいてその元凶となっている最高裁事務総局を解体し、併せて検察から起訴独占を取上げる。
検察組織を解体して特別検察官制度創設が急務の事態となった。
それを実行に移さない限り、森友事件にはじまる一連のモリカケレイプが解明されることはないだろう。
LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。
【新URL】http://c3plamo.ddns.net/blog/
WebServerMonitoring.gif
【旧URL】http://c3plamo.slyip.com/blog/
WebServerMonitoring.gif

QRコード

QR