避難場所

Entries

ダイソー・ミニルーター改造 ~タクトスイッチ&Power Dash に交換、実用性アップ

 モーターの軸が異様に堅くなり、もはや自分のトルクでは回り出せなくなりました。
 ■ ダイソー・ミニルーター、モーター回らない ~軸が堅くなった --> こちら

いくら100円ショップの品物でもそこそこな値段(840円)だったので、
そのままゴミにするにも惜しいですし、改造がてら直してみることにしました。

 一番使いづらかったのが「スイッチ」です。
  1.「ぎこちなく、堅い」
  2.人間工学的にスイッチの動きが逆
という劣悪なスイッチだったので、これを「押しボタン式」に改造してみます。

自分では回り出せなくなったマブチモーターの方ですが、
どうやら、プラスチック製「エンドベル」部の軸受けの穴がギュッと締まってしまったようです。
他のモーターをみてみると僅かに遊びがありますが、これには全くありません。
さらに凝視すると、軸受け部分のプラスチックが軸に向かって盛り上がっています。
ということから、回転の過熱によって、ふやけたプラスチックが遊びも埋め尽くし、
それでも足りずに、さらに軸にそってせり上がるまでになってしまった・・・
と、見ています。
 ※ちなみにフロント部のメタル製軸受けには遊びもあり、劣化など問題は見られません。

交換用として取り寄せた「Power Dash」
マブチモーターとばかり思い込んでいましたが、メーカーはS.M.C.MOTOR 。
磁石の力が他と比べて、メチャ強いです。
他のマブチモーターにドライバーの先を近づけても、吸引されることはないですが
このパワーダッシュはガチッと吸い付けます。

 そのスペックを見ると、
  ●適正電圧 Proper Voltage2.4-3.0V
  ●推奨負荷トルク Recommended Torque Loard 1.5-2.0mN/m
  ●回転数RPM※19900-23600r/min
  ●消費電流Current consumption ※2.5-3.3A
   ※推奨負荷トルク時の値 Values at Recommended Torqe Load
となっています。

ということで、このモーターに倍もの6Vを掛けるなんぞ、御法度です。
じぇったいにダメです。

大きなトルクを出すモーターですので、そのためにはどうしても大きな電流が必要になり、
消費電流もぐっと大きく3Aです。
ですから、乾電池では供給しきれません。
少なくとも直流3V、4Aが出力できるAC電源が必要です。

 その電源ですが、
発注を掛けたPWM制御のコントローラーが来るのに時間がかかるので
その間に、自作のPWM制御の実験でもやってみようと思っています。
制御部がPICになるかArduinoか、はたまた555になるか・・・

なお、気がついたもうひとつは、
他のモーターと比べても回転時の振動が少ないです。
加工精度が高いことが窺われます。

【改造終わりました】
といっても大したことはやっていません。
できるだけ現状をそのまま使い、手間を掛けないがモットーですので。

改造が終り、約3Vの定電圧の電源に繋げて回転テストしているところ
 クリックで原寸大
minirouter13m_s.jpg


モーターが「パワーダッシュ」に交換されたことで、力強くなり、振動も減りました。
なんといっても「スイッチ」です。
使いづらくてしょうがなかったスライドスイッチを「タクトスイッチ」に交換しました。
筐体になにも加工を加えず、
限られたスペースにスイッチを埋め込むにはこの6mm角のタクトスイッチを採用するほかありません。
で、こんなに小さく薄いスイッチで、しかも電流3Aが確実に入り切りできる製品は、まずないと思います。
取り付け場所とスペースの制約から「タクトスイッチ」がピッタリなのでこれを採用しましたが
実は電流容量が大幅に足りません。
「Power Dash」は大きな負荷が掛かれば3.3Aも流れるのでタクトスイッチの接点では到底もちません。
そもそもタクトスイッチというのは、
微弱な電流しか想定していなくて、せいぜいが300mA程度です。
それを10倍もの電流を流したら焼けてしまい、すぐにダメになります。
 
 ところが、
モーターを3V程度の電圧で回し、軸に抵抗を掛けないような軽い使い方に限定すれば
少々の無理もききます。
ということで高価なモーターを長持ちさせることを第一にしていることもあり
この「タクトスイッチ」で頑張れるところまでガンバッテもらって
ダメになったらスイッチを交換するという使い方でいくことにします。
このスイッチは安価なのでそんなに交換も苦にならないからです。

ということで、
このダイソーのミニルーターは6Vの電圧をモーターに掛けて無茶やっていますが、
もともと無理やり回しているので、モーターから煙がでたり、ブラシを焼いたりしてしまいます。
こんな無茶な使い方に技術的合理性はないので
今後は電圧も定格の3Vを目安にして、必要に応じて若干アップさせるぐらいな使い方に変えます。
そうすれば元々タフな「パワーダッシュ」なのでそこそこトルクも得られ、十分に長持ちするはずです。

 実際の電圧のかけ方ですが
電圧を可変にしてスピードを制御する方法にするか、
もしくはパルス幅制御(PWM)のコントローラー使って速度制御するかのいずれかになります。
一番のポイントはモーターの定格を大きく超えないを守ることです。

※ Wikiに情報がありました。転載させてもらいます。
http://www27.atwiki.jp/mini_4wd/pages/108.html
○ ラジ四駆 パワーダッシュモーター ITEM.15317 定価 改定前350円 改定後400円
  消費電流:2,500→2,500~3,300mA
  回転数:?→23,600rpm(無負荷時)
      19,900rpm(適正負荷時)
  最大トルク:16→20.4g-cm
  重量:17.7g
  製造メーカー:SMC Motor

高トルク系のモーター。といっても回転数も高い。
もともとはラジ四駆用に開発されたモーターだったが、ラジ四駆が商業的に失敗ですぐに展開が終了。
それに伴いダンガンに導入されたが、結局そちらも尻すぼみになってしまう。
おかげでミニ四駆でもダッシュ系モーターが解禁され、公式レースで使用可能なモーターとなる。
生産時期によってエンドベルの色・モーターのステッカーとブラシの品質が違う

ラジ四駆~ダンガン初期
エンドベルは緑色、ブラシ本体の色はシルバー。
慣らすことで無負荷時の回転数30000rpmを超えることが多い。
また、ブラシの品質が良いため寿命が長い

ダンガン後期~現行ロット
エンドベルは深緑、ブラシ本体の色はガンメタル。
ブラシが柔らかくなり慣らしやすくなるが寿命が短くなってしまっている。
といってもカーボンブラシな為、銅ブラシモーターに比べて遥かに長寿命である。
価格改定後は個体差で当たり外れがある模様。
これは別稿のPROモーター(トルクチューンPROを除く)も同様である。

2013夏以降ロット~
エンドベルが明るい深緑へと変更された。

現在ではスプリントダッシュと並んで公式片軸モーター中最高スペック。
旧シャーシで駆動系が大径(超大径)+超速ギヤの組み合わせなら、このモーターのハイトルクがそれらの力を最高に引き出してくれるだろう。
しかし電池の消費も凄まじい事になっており、アルカリ電池使用時は本来の性能を引き出せないので注意する必要がある。

改造経緯などの写真をアップ
 ■ ++ 【 改造 】ダイソー ミニルーター 6Vタイプ minirouter ++ --> こちら


【カテゴリ_ダイソー・ミニルーター】
■ ミニドリルの改造(最終版) ~マブチモーター RS-540 RH --> こちら
■ ダイソー・ミニルーター改造 3(全て完了) ~スイッチをパワーMOSFETに置き換える --> こちら
■ MOSFETの簡単チェック ~ IRF540N (unbranded) --> こちら
■ 【 0.8mmドリル刃 】プリント基板の穴開け ~実用品(ダイソー) --> こちら
■ 手元スイッチで操作性アップ ~マブチRS-540 RH、手作りルーター完成 --> こちら
■ モーターの軸にピッタリだとブレないが・・・ ~ネジ止め式汎用クランプだと芯が出せない --> こちら
■ ダイソー・ミニルーター改造 2 ~PWM Speed Controller、モーター焼損防止 --> こちら
■ ダイアモンドディスクカッターを回してみる ~マブチモーター RS-540 RH --> こちら
■ マブチモーター【 RS-540 RH 】 ~再利用を考えてみる --> こちら
■ ダイソー・ミニルーター改造 ~タクトスイッチ&Power Dash に交換、実用性アップ --> こちら
■ ダイソー・ミニルーター、モーター回らない ~軸が堅くなった --> こちら
■ 自作ドリルの電源にぴったし ~壊れていた充電アダプターNC-A5001 --> こちら
■ プリント基板を切断 ~実用になるダイソー金切り鋸 --> こちら
■ プリント基板用ドリルを自作してみる ~肝心のDCモーターの仕様が不明だが・・ --> こちら
■ 「DIY 自分でやってみよう」 ~カテゴリーのもくじ --> こちら
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1760-51eb883b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒

【ときどきのメッセージ】
本命は緊急事態条項、次が9条第3項新設
クリックで原寸大
hodoStation170518_s.jpg


そもそも国民に主権があることがおかしい。全文はこちら クリックで原寸大
nisidaShoji_ss.jpg


 安倍さんが最も欲しがっているモノは「国家緊急権」。
その欲しくて堪らなかったモノがもう手に届くところまで来ています。
それを手に入れるには、自民党の憲法草案を通すほかないわけですが、
手段を選ばず、あらゆることを仕掛けて来ることが想定されます。
その国家緊急権は、第九章 緊急事態にやろうと思えば「何でもできる」を織り込んでいます。 --> こちら

つぎの動画ですが、安倍さんのこれまでの言動がヒトラーのそれと見事に符合していることを描いています。
ということだと、これから何が起きるかも想像がつくというものです。
クリック ↓ でYoutubeを開く
hodoStation160318_ss.jpg


 大新聞・テレビが批判をやめた、戦前と同じ。
安倍首相「安保法制は中国が相手、必ずやる!」と戦争を想定--> こちら
たかが個人的な野望なのに、実現するためにはどんなに反対されようが構わず進め、そして国民を戦争へ引き摺り込む・・
 断じて許しません。
戦争法案施行に合わせて日中緊張が仕掛けられ着々と前準備が整えられる。戦争させられるのも時間の問題である。
「ふたたび戦争の歴史になる・・」と2007年安倍一次政権から繰り返し警告してきた。
2005年に決定されたシナリオがいよいよ最終章を迎える、まさに危機的状況となってきた。
殆どの国民が知らないでいるシナリオが、しかも着々と積み上げられてきていることに気付き、そして大声上げて阻止しないと取り返しのつかないことになる。
阿鼻叫喚となる前に・・・

というのは、
アーミテージ・レポート第3弾アーミテージレポート(ブログ) のシナリオ通りに進んでいることでわかるように、アメリカ戦争屋勢力が、ニッポンの外務省と安倍政権(強力な軍事力を持つことで有利になれるという妄想・野望)を利用できるところまで最大限利用しようとしているからだ。
自分から決して先には手をださず、
ニッポンを使って事を起こそうとしている連中の 謀略 はいまだ消えていない。執念深くしかも確実に実行しようとしている。
どんなに時間がかかろうが、システマチックに動いてやり遂げる連中を甘くみたら後悔することになる。
アメリカが仕掛けてきたこれまでの謀略・戦争の数々が教えてくれている。

ふたたび戦争の歴史になる・・
クリックで原寸大
WarHistory3_s.gif


LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。

QRコード

QR