避難場所

Entries

空論を振りかざして難局を乗り切ろうとしたこと ~アベノミクス失敗の原因

【 追記:国民のSOS感じ取れるか 】追記記事

このところ「アベノミクス」を聞かなくなりました。
テレビも新聞も、そして張本人である安倍首相からも・・・、さっぱりです。
寝た子を起こすことはないということでしょうか、禁句になったみたいです。

 そもそもが、「インフレ・ターゲット」というのは、インフレを抑えるために行う施策であって
成功した国はまさにインフレでした。それをデフレ真っ只中でやってしまった・・・

 きょうの標題に「アベノミクス失敗」としましたが、この方が通りがいいのでそうしましたが
これまで「間違った施策が成功する道理がない」と言い続けてきたように
間違っている」が正確な表現です。


アベノミクスは空論、空論が成功した事例は知らない

「帳簿の世界史」著者ジェイコブ・ソール教授が鋭く指摘しています。
アップされたばかりのホットな記事です。

 だれとはいわないですが「株、上がった!」と無邪気に自慢しているどこぞの首相がいます。
円の価値をわざわざ消滅させ、巨額を株に突っ込んでいるんですから、上がって当たり前です。
自分で国民の大事な大事な虎の子年金資金を承諾もなしに株にぶっこんでおきながらなにごとぞ、と。
無謀に株価操作をしておきながら、「なにゆってんの、このひと」とツッコミを受けても当然です。

誰も考えたくもないことですが、
いつその虎の子うちの何十兆円が、いやもっとが吹っ飛ぶか知れない恐ろしさ、
さらに出口がないのに始めてしまった異次元緩和、
いつ暴落しても不思議ない国債の山、円が激しく売られる3点リスクセット。
「アホになにゆっても無駄だけど・・」と諦めるわけにもいかず、
きょうもこの話題にしました。

クリックで原寸大
nikkeibp150706_s.jpg

アベノミクスは世界史上、類を見ない試み
「帳簿の世界史」著者が語る、債務圧縮は空論より実行を
2015年7月6日(月)
 日本の財務官僚の間で今、静かなブームになっている本がある。「帳簿の世界史」。南カリフォルニア大学・ジェイコブ・ソール教授の近著で、ルネサンス期のイタリアからリーマン・ショックまで、700年に及ぶ財務会計の歴史をたどった力作だ。
 700年の帳簿の歴史に照らして、アベノミクスで異次元緩和を続ける現代日本はどう見えるのか。ソール教授に聞いた。
(聞き手は大西康之=編集委員)

‐‐本の冒頭に革命前夜のフランスが出てきます。絶対的な権力を握ったフランスのルイ14世はコルベールという財務総監が複式簿記で書いた帳簿を持ち歩くほど財務に熱心だった。
 しかしコルベールの死後、ルイ14世は帳簿への関心を失い、フランスは財政破たんへの道を歩き始める。それがフランス革命につながったと指摘しています。こうした歴史に照らし、世界一の債務を抱えた今の日本をどう見ますか。


ソール氏:先進国は巨額の国債を発行しても、何とか財政を維持することができます。18世紀のイギリスがまさにそうでした。しかしそれはあくまで、大英帝国が世界経済を支配し、英国経済が成長を続けていた期間に限られます。
 日本は今、低成長と少子高齢化という難しい状況に直面しています。日本にとっての救いは、政治的に安定し、さらなる経済成長が期待できるアジアという地域の中に国があることです。簡単ではありませんが、もし日本が高度な人材の集積地になれば、それが解決の糸口になるかもしれません。
 しかし、日本の債務は非常事態と言えるほど巨大で、今すぐ社会全体で具体的なアクションを起こさねばなりません。

一番やってはいけないのは、空論を振りかざして難局を乗り切ろうとすること です。

日本が今すべきは、実現可能なプランを立て、ものすごくクリエイティブに、かつ迅速にそれを実行することです。


‐‐安倍政権と日本銀行は異次元の金融緩和と財政出動による「アベノミクス」を実施しています。世界の財務会計の歴史にこのような例はあるのでしょうか。

ソール氏:そのような例を私は知りません。安倍政権は緊縮政策なしで日本経済をジャンプスタートさせようとしています。まず経済成長があり、それによって税収が増え、一定のインフレが発生して巨大な債務の返済が楽になる、というシナリオでしょう。
 理にかなっているようにも見えますが、低成長で高齢化が進む社会ではおのずと効果は限られます。繰り返しますが、空論で解決しようとするのではなく、実際にクリエイティブな産業を起こし、人口を増やし、経済を成長させる地道な努力を続けるしかないのです。若者は創造性をもたらします。


ソール氏:幸運なことに日本は世界で最も洗練された産業セクターを持っています。今必要なのはそれを一新することです。私が子供の頃、すべての新しいテクノロジーはすべて日本からもたらされました。日本はあの頃の創造性を取り戻す必要があります。簡単なことではありませんが、国家として一つの大きな戦略を掲げ、それを実現するための痛みに耐えねばなりません。財務の透明性確保と会計基準を巡る国民的な議論は、その助けになるはずです。

CEOは必ずしも会計の専門家である必要はないが・・・

‐‐本にはイギリスの陶磁器メーカーであるウェッジウッドの創業者、ジョサイア・ウェッジウッドも登場します。彼は厳格な会計で名門企業の礎を作りました。日本では今、名門企業の東芝が不適切な会計問題で揺れています。

ソール氏:日本企業は国際的に優れた会計基準を導入していますが、問題はそれがきちんと監査され、機能しているかです。日本でそうした努力がなされているかどうか私は知りませんが、もし不正があったのなら、改革を続けなければなりません。

 CEO(最高経営責任者)が必ずしも会計の専門家である必要はありませんが、ジョサイアのように会計に詳しければ自社の帳簿を自分で監査でき、会社に対する責任を全面的に果たすことができます。効率的に管理し、正しく改革することができます。自社で起きた不正や失敗について、知らなかったとは言えませんからね。

 米国でもバランスシートに記載される情報は限られており、投資家や政府が知りえる内容は十分ではありません。もっと透明性を高めるための実効的な手法や基準が必要です。それは政府だけでなしえることではありません。市民社会とメディア、政府、企業、そして会計の専門家が一緒になって努力すべきです。

 メディアは東芝の問題を詳しく報じ、信頼できる会計の専門家たちによる会計や監査についての説明がなされなくてはなりません。それが制度改革に続く道であることは歴史が証明するところです。


‐‐世界で最も財務が透明な国はどこですか。逆に、もっとも不透明な国は。

ソール氏:最も透明性の高い国はニュージーランドとオーストラリアです。ほとんどの専門家の間で意見の一致するところでしょう。両国には競争力の高い会計事務所が数多くあり、会計士という職業が社会の尊敬を集めています。日本の改革のお手本になるかもしれません。

 最悪な国のリストは長すぎてここには書ききれません。政治的に閉ざされた国の会計は、どこも不透明です。政治的な自由と汚職の撲滅は財務の透明性のためだけでなく、民主主義の基本です。

 例えば中国には最高レベルの会計スキルを持った尊敬すべき企業がいくつもありますが、政治的にはブラックボックスです。組織的な公的監査もありません。中国は自分たちのやり方で繁栄できると主張していますが、財務の透明性と政治的な自由こそが長期的な経済成長の活力源であると歴史は教えています。誤った経済データやでたらめな会計をベースにしていたら、まともな財政運営や経済改革、効果的な投資はできっこありませんからね。

すでに手遅れですが、
それでも被害を少しでも抑えるためにも一日も早く施策の過ちを認めて、方向転換することです。
その道しかありません。



【追記】
暗澹たるニッポンの近未来を告げる、とてもショッキングなデータです。
それを全国紙でもないスポーツ紙が載せています。
それを受けて、政策を変更するしかないと主張しています。
誰にも受け入れやすいように優しい言い方ですが、
おそらく大新聞・テレビが取り上げないだろうニッポンが直面しているとてもヤバイ状況、
SOSをよく伝えています。

国民のSOS感じ取れるか - 政界地獄耳 - 社会コラム : 日刊スポーツ
日刊スポーツ 2015年7月6日10時12分
クリックで原寸大
nikkanSpo170706_s.gif



国民のSOS感じ取れるか
2015年7月6日10時12分 紙面から

 ★経産相・宮沢洋一は3日の閣議で15年版の通商白書を報告したが、他国の国際的企業に比べ「低成長・低収益」と指摘。経営投資の不十分さや外国人や女性の登用も積極性に欠けるとし、競争力を低下させていると分析している。一方、先月出た15年版の「少子化社会対策白書」では未婚で恋人がいない男女に恋人が欲しいかと問うと「欲しい」は60・8%、「欲しくない」は37・6%だった。このうち「欲しくない」と答えた人を性別にみると、女性39・1%、男性36・2%と女性の方が高い。また、男女とも収入が低い人ほど恋人を求めていないという。

 ★2日発表された厚労省・国民生活基礎調査によれば13年の1世帯当たりの平均所得が前年比1・5%減(8万3000円減)の528万9000円となり、生活意識は「大変苦しい」が29・7%、「やや苦しい」が32・7%。両者の合計が「苦しい」で、生活が「苦しい」と感じている世帯の割合は14年7月時点で過去最高の62・4%に上った。原因は昨年4月の消費税アップと分析する。

 ★最近発表された国のデータを並べると、政府が言いはやす好況感は感じられず経済大国とは言えぬ苦戦が続く。また生活貧困が状況のベースになり、簡単には抜け出せないことによるあきらめ感が漂う。数字だけでアベノミクスが悪いとは言わないが、数字が物語る国民のSOSを感じ取る政策が安倍政権から聞こえてこない。アベノミクスでこれを進めてきたが、効果がないので、これに切り替えたとか、こちらを試してみるという政策変更を行う勇気こそが、アベノミクスの売り物ではなかったか。その施策に移れなくてはアベノミクスは失敗といわざるを得なくなる。(K)※敬称略

カテゴリ_異次元
 ■ 【日銀】国債の買い入れを減らす or 異次元を続ける? ~茹でカエルを選ぶ可能性 --> こちら
 ■ 出口ないので異次元から戻って来れず、アウトっ! ~破綻を戦争で隠してしまおうってことか --> こちら
 ■ アベノミクス失敗の原因 1 ~収入が増えないのに物価を上げてしまった --> こちら
 ■ デタラメに飛んだ3本の矢 ~アベノミクス失敗 --> こちら
 ■ 円安、一時120円突破 ~dangerous zone ? --> こちら
 ■ 異次元から帰れず阿鼻叫喚 ~利権を断ち切れる強い政権を作るほかないのだが --> こちら
 ■ スタグフレーションの定義を持ち出すまでもなく・・・ --> こちら
 ■ 実験台にされたら、ふつう怒るだろ ~アベノミックス失敗の結末 --> こちら
 ■ いい国にしたいと、切に願ふ ~中日新聞「社説 --> こちら
 ■ 人が中心、生活がベースって当たり前だが・・・ ~世界の動きも読めず、政権が時代に逆行 --> こちら
 ■ アベノミクスと道連れ、黒田日銀総裁 ~矛盾を晒しながら景気を上げられるのか --> こちら
 ■ FRBが大規模な金融緩和縮小か ~東京市場、外国勢が離れ株バブル終わり --> こちら
 ■ 黒田総裁の安倍政権応援スピーチ ~国民巻き添えはご勘弁を --> こちら
 ■ TPPで解体され、アベノリスクで自爆・・・ ~どっちもなきようお願いします --> こちら
 ■ アベノミクスの根源的な矛盾 ~いつまでもつか・・・? --> こちら
 ■ 大暴落で稼ぎまくるヘッジファンド ~巨額の財政赤字が狙われる --> こちら
 ■ いつまでも日銀が買い続けられない ~国債を買えなくなる時限爆弾 --> こちら
 ■ まやかしのアホノミクス ~2%インフレが制御不能に・・・ (((( ;゚Д゚))) --> こちら

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1444-ef6fdb95

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒

【ときどきのメッセージ】
国民を指差して、「こんなヤツに負けられるか」と絶叫
クリックで原寸大
abeKonaHitotatini_ss.jpg


そもそも国民に主権があることがおかしい。全文はこちら クリックで原寸大
nisidaShoji_ss.jpg


 安倍さんが最も欲しがっているモノは「国家緊急権」。
その欲しくて堪らなかったモノがもう手に届くところまで来ています。
それを手に入れるには、自民党の憲法草案を通すほかないわけですが、
手段を選ばず、あらゆることを仕掛けて来ることが想定されます。
その国家緊急権は、第九章 緊急事態にやろうと思えば「何でもできる」を織り込んでいます。 --> こちら

つぎの動画ですが、安倍さんのこれまでの言動がヒトラーのそれと見事に符合していることを描いています。
ということだと、これから何が起きるかも想像がつくというものです。
クリック ↓ でYoutubeを開く
hodoStation160318_ss.jpg


 大新聞・テレビが批判をやめた、戦前と同じ。
安倍首相「安保法制は中国が相手、必ずやる!」と戦争を想定--> こちら
たかが個人的な野望なのに、実現するためにはどんなに反対されようが構わず進め、そして国民を戦争へ引き摺り込む・・
 断じて許しません。
戦争法案施行に合わせて日中緊張が仕掛けられ着々と前準備が整えられる。戦争させられるのも時間の問題である。
「ふたたび戦争の歴史になる・・」と2007年安倍一次政権から繰り返し警告してきた。
2005年に決定されたシナリオがいよいよ最終章を迎える、まさに危機的状況となってきた。
殆どの国民が知らないでいるシナリオが、しかも着々と積み上げられてきていることに気付き、そして大声上げて阻止しないと取り返しのつかないことになる。
阿鼻叫喚となる前に・・・

というのは、
アーミテージ・レポート第3弾アーミテージレポート(ブログ) のシナリオ通りに進んでいることでわかるように、アメリカ戦争屋勢力が、ニッポンの外務省と安倍政権(強力な軍事力を持つことで有利になれるという妄想・野望)を利用できるところまで最大限利用しようとしているからだ。
自分から決して先には手をださず、
ニッポンを使って事を起こそうとしている連中の 謀略 はいまだ消えていない。執念深くしかも確実に実行しようとしている。
どんなに時間がかかろうが、システマチックに動いてやり遂げる連中を甘くみたら後悔することになる。
アメリカが仕掛けてきたこれまでの謀略・戦争の数々が教えてくれている。

ふたたび戦争の歴史になる・・
クリックで原寸大
WarHistory3_s.gif


LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。

QRコード

QR