避難場所

Entries

ASIO設定変更で、響音4でも音が出るようになったが・・ ~籠もった感じは解消されない

モノは試しということで訳もわからず弄っていたら、見たこともない設定画面がでてきました。
ASIO Direct Sound Full Duplex Setup」(末尾に記述)
この設定の意味がよくわからないままでしたが、とりあえずは汚いながらも"響音4"でも音が出るようになり、
手掛かりがでてきました。
音が出るといっても音の広がりはなく、籠もった感じは解消されません。
これで音楽を聴くという気にはならないレベルです。
ASIOにちゃんと対応していないので、これが限界なのでなかろうかという理解です。
よって、ASIO経由で直接鳴らすのは諦めて、Windows のDirect Sound に甘んじるほかないようです。

【追記】
 劇的に改善しました。
  ■ USBヘッドフォンアダプタを改造 ~直流が掛かっていたのでコンデンサーでカット --> こちら

響音4 Kyo-On 4
クリックで原寸大
kyoOn4_02_s.jpg


それとは対照的なのが、"USB PnP Sound Device"を搭載している謎の「3D SOUND」 --> こちら
クリックで原寸大
3DSOUND_04_s.jpg


こちらは設定によって途切れ途切れもなくなり、
音がクッキリし、"響音4"を越える音を出してきたことに、ちょっとビックリです。
確かな情報がなく、正式に対応しているかどうかを知る術がありませんが、
動作させてみた状況から実用程度で「ASIOに対応している」のではないか、という印象です。

ASIO DirectX Full Duplex Driverとは・・】
ASIOドライバーというのは、ASIOに対応しているデバイスが基本的に自前で用意しているドライバーです。
これをインストするだけでASIO経由でそのデバイスにデータを送れますが
世の中にはASIOに対応していないデバイスも数多く存在します。
それらも相手にして顧客ゲットしたいメーカーとしては、それらを全て無視するわけにもいかないので
そこで準備されているのが「ASIO DirectX Full Duplex Driver」です。
そんなASIO非対応デバイス向けドライバーが「ASIO DirectX Full Duplex Driver」です。
実はあんまりいい音がしません。
音がでりゃいいという程度なので遅延が起きたり、歪んだりするので音楽を聴くには難ありという感じです。
どうしてもASIO経由でなけりゃという以外では、Windows のDirect Soundで鳴らすのがハッピーです。

【用語の説明】
※"ASIO DirectX Full Duplex Driver"これを使う前提として、デバイスなりサウンドカードがDirectSoundに対応していることが必要。
※「DirectSound」とは、Microsoft社が開発した、Windows用ゲーム・マルチメディア処理のためのAPI群「DirectX」にあるコンポーネントの1つ。 音声を再生するための機能を提供。「 DirectSound」を使えば、効果音とBGMなど、複数の音声をリアルタイムに重ね合わせて再生することができる。 後に、リアルタイムなMIDI音楽の再生を可能とする「DirectMusic」と統合され、「DirectX Audio」となった。

さて、その設定画面をだすには、
JRiver Media Center のツール → オプションを開き、
クリックで原寸大
ASIODirectSoundFullDuplexSetup_2_s.gif


ASIO DirectX Full Duplex Driver[ASIO] にチェックがはいっていると、次の画面で確認を促されます。
ASIO DirectX Full Duplex Driver
ASIODirectXFullDuplexDriver.gif
ASIO DirectX Full Duplex Driver
Impossible to record audio because the Audio Input is noto active.
Open the ASIO DirectX Full Duplex Setup dailog.
Make sure that a device is selected in the Input Ports section annd that its check box is activated.


ASIO Direct Sound Full Duplex Setup - Version 1,0,1,14 DirectX Version 5.3.2600.5512(xpsp.080413-,,
クリックで原寸大
ASIODirectSoundFullDuplexSetup_s.gif


これが隠れていた設定画面、
ASIO DirectX Full Duplex Driver[ASIO]にチェックがはいっていて、ツール、デバイスのコントロールパネルをオープン・・
をクリックするとその画面が現われます。
因果関係が理解できていませんが、当初、ブツブツと途切れ途切れながらも、"響音4"でも音がでるようになってきました。
さらに設定を進めると途切れがなくなりスムースな音がでるようになってきましたが、籠もった感じは解消されていません。
上述のとおりです。


ASIO Direct Sound Full Duplex Setup - Version 1,0,1,14 DirectX Version 5.3.2600.5512(xpsp.080413-,,
Direct Sound Output Ports
Device Name Buffer Size[Samples] Offset[Samples] Audio Channels Bits per Sample Sync Reference
□ Realtek HD Audio Input 2048 0 2 16 No
□ C-Media USB Sound Device 2048 0 2 16 No
□ Aopwersoft_AudioDevice 2048 0 2 16 No
□ USB PnP Sound Device 2048 0 2 16 No
Port Order
Move up
Move down
Direct Sound Input Ports
Device Name Buffer Size[Samples] Offset[Samples] Audio Channels Bits per Sample Sync Reference
□ Realtek HD Audio Input 2048 0 2 16 No
□ C-Media USB Sound Device 2048 0 2 16 No
□ Aopwersoft_AudioDevice 2048 0 2 16 No
□ USB PnP Sound Device 2048 0 2 16 No

ヘルプを開くと、

ASIO Direct Sound 全二重通信ドライバの設定(ASIO Direct Sound Full Duplex Driver Setup)
使用するオーディオ ドライバに "ASIO DirectX Full Duplex Driver" を選択した場合、オーディオ デバイス用の設定は、ここで行います。

 DirectSound 入出力ポート(Direct Sound Input/Output Ports)
ダイアログ内、左側には、使用できる DirectSound 出力ポートと入力ポートのリストが表示されます。多くの場合、それぞれのリストにはポートが1つずつ表示されるだけです。
 ・リストに表示されたポートのオンとオフを切り替えるには、ポート名の左側にあるチェック ボックスをクリックします。
  チェックされている場合、ポートがオンになっていることを表しています。

このリストでは、必要に応じてバッファ サイズとオフセットの値を変更することができます。変更するには、それぞれの数値欄をダブルクリックし、希望する値をタイプ入力して [Enter] キーを押します。もっとも、ほとんどの場合は既定(デフォルト)の設定値を変更する必要はないはずなので、ご注意ください。

 ・バッファ サイズ(Buffer Size)
  使用しているホスト アプリケーションとオーディオ デバイスとの間で行われる入出力信号のやりとりにはオーディオ バッファが使用されます。バッファ サイズを大きくすると、再生中に音飛びが起こりにくくなります。しかし、その反面、アプリケーションがデータを送信してから、実際に、そのデータが出力ポートに到達するまでの時間が長くなります。

 ・オフセット(Offset)
  オーディオと MIDI を使った曲でオーディオの音と MIDI の音が一定間隔でずれているのが聞き取れる場合、この欄に値を入力することで、出力または入力のレイテンシー時間を調整することができます。

入力ポートのリストに表示されるデバイス名が“<E>”で始まることがあります。その場合、そのオーディオ デバイスのドライバが Windows の構成要素である DirectSound システムによってエミュレート(擬似的に再現)されていることを示しています。使用しているドライバが、このようにエミュレートされていて、録音や再生のタイミングが大きくずれる場合、バッファ サイズを大きくするか、全二重モード(後述)をオフにしてください。

同期基準ポート(Sync Reference)
あるポートを同期の基準にするということは、そのポートのオーディオに MIDI の再生タイミングを合わせることを意味します。1つのポート リスト内で複数の項目がオンになっている場合、最初(上)にある方が同期の基準になります。

複数ポートの1つを同期基準に設定するには、以下の手順で操作します。
 1."Sync Reference" 欄で、同期の基準を "Direct Sound Input(入力)"、"Direct Sound Output(出力)" のいずれのポートにするかを選択します。.
 2.ポート リストで希望する項目を選択します。
 3.他の項目が上にある場合は、そのまま、"Port Order(ポートの順序)" 欄の "Move up(上に移動)" ボタンをクリックして、選択された項目をリストの一番上に移動させます。

デバイス設定項目(Card Options)
 ・Full Duplex(全二重)
  この項目がオンになっていると、ホスト アプリケーションは、オーディオ トラックを再生しながら、別のトラックを録音できます。使用しているオーディオ デバイスが、この機能に対応している場合は、通常、この項目をオンにします。
 ・Start Input First(入力ポートを先にスタート)
  上記の "Full Duplex(全二重)" をオンにしても、使用しているオーディオ デバイスが適切に機能していないと判断される場合、この項目をオンにしてみてください。

カテゴリ_響音4
■ 「響音4」と称するニセモノが出回っている ~直販でない、マーケットプレイスにご用心 --> こちら
■ 響音4を分解 ~CM119だった --> こちら
■ 【 響音4 】ASIOに対応? ~音は出るようにはなった --> こちら
■ ASIO設定変更で、響音4でも音が出るようになったが・・ ~籠もった感じは解消されない --> こちら
■ ASIOでダイレクト接続、Realtek ALC888 ~オンボードチップで鳴らしてみる --> こちら
■ ヘッドフォンでいい音聴きたいし、マイクもうまく拾いたい ~機種選択が悩ましい --> こちら
■ MS-NB56S ヘッドフォンが復活 ~USBオーディオアダプターが蘇らせてくれた --> こちら
■ お中華品質を試してみる ~USB Audio Adapter、Amp、DC-DC converterなど --> こちら
■ どんなモノが来るのか、スリルも楽しめるお中華グッズ  ~こんどは正規品「響音4」 --> こちら
■ アマゾンから返答がきた ~「全額返金の処理で責任を取る」 --> こちら
■ 【響音4】なるもの?が届いたが・・・ ~雷が落ちたような強烈なスパイクノイズ --> こちら

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1122-5dd78d0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒

【ときどきのメッセージ】
国民を指差して、「こんなヤツに負けられるか」と絶叫
クリックで原寸大
abeKonaHitotatini_ss.jpg


そもそも国民に主権があることがおかしい。全文はこちら クリックで原寸大
nisidaShoji_ss.jpg


 安倍さんが最も欲しがっているモノは「国家緊急権」。
その欲しくて堪らなかったモノがもう手に届くところまで来ています。
それを手に入れるには、自民党の憲法草案を通すほかないわけですが、
手段を選ばず、あらゆることを仕掛けて来ることが想定されます。
その国家緊急権は、第九章 緊急事態にやろうと思えば「何でもできる」を織り込んでいます。 --> こちら

つぎの動画ですが、安倍さんのこれまでの言動がヒトラーのそれと見事に符合していることを描いています。
ということだと、これから何が起きるかも想像がつくというものです。
クリック ↓ でYoutubeを開く
hodoStation160318_ss.jpg


 大新聞・テレビが批判をやめた、戦前と同じ。
安倍首相「安保法制は中国が相手、必ずやる!」と戦争を想定--> こちら
たかが個人的な野望なのに、実現するためにはどんなに反対されようが構わず進め、そして国民を戦争へ引き摺り込む・・
 断じて許しません。
戦争法案施行に合わせて日中緊張が仕掛けられ着々と前準備が整えられる。戦争させられるのも時間の問題である。
「ふたたび戦争の歴史になる・・」と2007年安倍一次政権から繰り返し警告してきた。
2005年に決定されたシナリオがいよいよ最終章を迎える、まさに危機的状況となってきた。
殆どの国民が知らないでいるシナリオが、しかも着々と積み上げられてきていることに気付き、そして大声上げて阻止しないと取り返しのつかないことになる。
阿鼻叫喚となる前に・・・

というのは、
アーミテージ・レポート第3弾アーミテージレポート(ブログ) のシナリオ通りに進んでいることでわかるように、アメリカ戦争屋勢力が、ニッポンの外務省と安倍政権(強力な軍事力を持つことで有利になれるという妄想・野望)を利用できるところまで最大限利用しようとしているからだ。
自分から決して先には手をださず、
ニッポンを使って事を起こそうとしている連中の 謀略 はいまだ消えていない。執念深くしかも確実に実行しようとしている。
どんなに時間がかかろうが、システマチックに動いてやり遂げる連中を甘くみたら後悔することになる。
アメリカが仕掛けてきたこれまでの謀略・戦争の数々が教えてくれている。

ふたたび戦争の歴史になる・・
クリックで原寸大
WarHistory3_s.gif


LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。

QRコード

QR