避難場所

Entries

ノーベル平和賞 ~憲法第9条に込めた「平和の誓い」、オスロにとどけ!

10月10日、発表です。
 ポイントは「 女性 」

安倍さんが、しくじったアベノミクスの代わりに持ち上げてきた「女性」です。
政権にとっては実に苦々しいことかも知れないですが
国民にとってはこんなハッピーなことはないので、
いまかいまかと心待ちにしているところです。

「誰が貰いに行くんだよぉ!?」
「戦争になってもしょうがないと思っているボクちゃん達は行けないよな」
と、揉めるぐらいに盛り上がって欲しいものです・・・。

受賞の如何に関わりなく、
ニッポンがドンドンと、しかも確実に悪い方向に向かっています。
国民にも、どうすることもできないというあきらめにも似た雰囲気が漂い、
憂慮ならざる事態に突入しています。

こんなオゾマシイ状況を打破するために、
一主婦の強い思いが「 ノルウェー・ノーベル委員会 」を動かしました。
そして、ノミネートを認めてくれました。凄いことです。
  ■ 「憲法9条」がノミネート、トップに躍り出た ~ノーベル平和賞 --> こちら
あと一歩のところまできています。

ここまでくればその思いを是非とも実現させてほしいものです。
受賞となれば、永田町は言うに及ばず、国中が上や下やの大騒ぎになるのは必至であり、
我がもの顔だったオゾマシイ勢力らも浮き足立ち、
ニッポンを取り巻く情勢が大きく変わるだろうというのが見えるようです。

中日新聞2014.10.7
クリックで原寸大
c


ノーベル平和賞「9条」が急浮上
「改憲阻止」期待高まる


 十日のノーベル平和賞発表を前に、ノルウェーの平和賞ウオッチャーが「憲法九条を保持してきた日本国民」を筆頭候補に挙げた。
〝急浮上″に護憲派は「世界が注目していることの表れ」と期待を高める。九条の解釈を変えて集団的自衛権の行使を容認し、憲法改正も視野に入れる安倍政権。幹部らからは「あり得ない」との声が上がる一方で「受賞となれば政権への影響は計り知れない」と警戒感もにじむ。

政権は警戒感も

 ■母の思い

 きっかけは神奈川県座間市に住む二児の母親、鷹巣直美さん(三七)の「戦争放棄を定めた九条にノーベル平和賞を」とのアイデアだった。「平和が大切」「子どもを守りたい」との思いを抱きながらも、子育てに追われデモや集会には参加できない。「家でもできること」として、昨年一月からノーベル賞委員会にメールを送り始めた。
 署名集めのサイトもつくり、集まった署名をノーベル賞委に送ると翌日に返信が。受賞の対象は個人か団体と分かったため、対象を「九条を保持してきた日本国民」に変えた。次第に協力の輪も広がり「憲法九条にノーベル平和賞を」実行委員会(相模原市)が発足。
今年四月、候補として受理したとの連絡がきた。実行委の石垣義昭共同代表(七三)は「運動が国内的にも国際的にもここまで評価されるとは。受賞して、憲法改正への流れを止めたい」と十日の発表を心待ちにする。
 護憲派の市民団体「九条の会」事務局長の小森陽一東大教授も、九条の精神が海外で評価されているとし「世界の目が集まっている」と話した。

 ■原点回帰

 九条を筆頭候補にしたのは国際平和研究所(オスロ)のハルプビケン所長。
毎年五つ前後の候補を挙げる所長が、昨年までの十年間で的中させたのは二〇〇七年のゴア元米副大統領だけだ。「的中率」は低いが、ノーベル賞委の国際情勢をめぐる考え方を分かりやすく解説する専門家として、世界のメディアに頻繁に登場する。
 九条を挙げた理由として所長は「安倍政権による九条の解釈変更が、武力衝突の兆しとの懸念が出ている」と指摘。東アジアでの緊張の高まりに言及し「平和賞が創設当初たびたび称揚していた(戦争防止の)原点に戻るのは時宜にかなっている」と説明する。

 ■温度差も
 「まったく予測にすぎない」。菅義偉官房長官は六日午後の記者会見で苦笑しながら一蹴した。
 「そんなこと(平和賞受賞)になったら自民党は終わりだ」と言うのは改憲派の閣僚。「政権への影響は計り知れない。よもやないと信じているが、何が起こるか分せりないのが世の中だ」と漏らす。
 今年六月に改正国民投票法が成立、施行され、憲法改正手続きが確定。改憲の環境整備は進んだが「(受賞すれば)護憲論は括気づくかもしれない」(自民党憲法改正推進本部の役員)。
 これに対しハト派として知られる谷垣禎一自民党幹事長は六日の会見で「候補に挙がっているのは結構なことだ。最後までいってほしいという気持ちがないわけではない」と述べ、党内には温度差も。
 スタンスの違いは与党内にもある。「加憲」を掲げながらも九条を堅持する立場の公明党幹部は「受賞なら護憲運動に火が付く。自衛隊を国防軍に改称するという自民党の改憲論議は吹き飛ぶだろう」と予測した。

最近のノーベル平和賞受賞者 ※敬称略、肩書は当時
2004年●ワンガリ・マータイ(ケニアの環境問題活動家、女性)
 05年●国際原子力機関(lAEA)
    ●ムハンマド・工ルバラダイ(事務局長)
 06年●グラミン銀行
    ●ムハマド・ユヌス(バングラデシュの経済学者)
 07年●アル・ゴア (前米副大統領)
    ●気候変動に関する政府間パネル
 08年●マルツティ・アハティサーリ(前フィンランド大統領)
 09年●バラク・オバマ (米大統領)
10年●劉暁波 (中国の民主活動家)
11年●エレン・サーリーフ(リベリア大統領、女性)
   ●リーマ・ボウイー(同国の平和活動家、女性)
   ●タワックル・カルマン(イエメンの人権活動家、女性)
12年●欧州連合(EU)
13年●化学兵器禁止機関(OPCW)

中国最大の日本情報サイト、その反応は・・・
韓国同様、中国にとってもメリットがあることであって、
それがちゃんと理解されている中国版ツィッターの反応です。
おおむね歓迎され、支持されているということでしょう。
recordchina 配信日時:2014年10月7日 22時7分
クリックで原寸大
recordchina141007_s.gif


「憲法9条を保持する日本国民」がノーベル平和賞のトップ候補に!中国ネットは大多数が支持、そのワケとは?
配信日時:2014年10月7日 22時7分

6日、ノーベル賞の受賞予測を発表するノルウェーのオスロ国際平和研究所が、2014年のノーベル平和賞のトップ候補に「憲法9条を保持する日本国民」を挙げたことが、中国ネットユーザーの注目を集めている。写真はノーベル賞の記念晩餐会が行われる場所。
2014年10月6日、ノーベル賞の受賞予測を毎年発表しているノルウェーのオスロ国際平和研究所(PRIO)が、2014年のノーベル平和賞のトップ候補に「憲法9条を保持する日本国民」を挙げたことが、中国ネットユーザーの注目を集めている。

憲法9条では、戦争や武力による国際紛争の解決を放棄することを明記している。PRIOはウクライナ情勢や東アジアの緊張状態を指摘した上で、「(9条は)平和賞の原点に立ち返るという意味でふさわしい」と候補に挙げた理由を説明した。ノーベル平和賞は10日に発表される。

憲法9条をノーベル平和賞に推す動きは、憲法9条の改正を公約に掲げる安倍政権が誕生したのを受け、日本の主婦・鷹巣直美さんらが憲法9条の改正を防ぐためにと署名活動などを行ったことがきっかけ。2014年4月に推薦が受理され、候補となった。

このニュースに、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。以下はその一部。

「日本人が自ら安倍首相を縛りつけたか」
「このタイミングでというのは、意味深長だな」
「ノーベル委員会はまた“やった”な」

「本当にノーベル平和賞を受賞したら、安倍首相は改正できなくなるだろうな」
「絶対受賞してほしい。安倍首相がどう出るか、見ものだ」
「日本はしっかりとこの憲法を世に広めるべきだ」

「オバマだって口だけで平和賞を受賞した。日本の憲法も形を変える前に受賞しておくがいいさ」
「普通の日本人としては栄誉なことなんじゃないの?」
「これは支持すべき。日本が平和賞を受賞することは、各々にとって良い事だ」(翻訳・編集/TK)




関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://c3plamo.blog.fc2.com/tb.php/1007-5a10252a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
:  (任意)タイトルがあるとわかりやすいです。
:  お名前 ニックネームなどなんでもOKです。
: (任意)メールアドレス(表示されませんのでご安心ください。)
: (任意)ホームページやブログをお持ちでしたらURLリンクを張れます。
: 
 
 以下の欄にコメントをお書きください。
パスワード:  <-- (任意)ここで設定しておけばあとでコメントの内容を編集できます。 
秘密のコメント: 管理者にだけ表示を許可する (任意)チェックを入れると内容を表示させず、管理人宛のメールとして使えます。  
コメント送信ボタン ⇒

【ときどきのメッセージ】
国民を指差して、「こんなヤツに負けられるか」と絶叫
クリックで原寸大
abeKonaHitotatini_ss.jpg


そもそも国民に主権があることがおかしい。全文はこちら クリックで原寸大
nisidaShoji_ss.jpg


 安倍さんが最も欲しがっているモノは「国家緊急権」。
その欲しくて堪らなかったモノがもう手に届くところまで来ています。
それを手に入れるには、自民党の憲法草案を通すほかないわけですが、
手段を選ばず、あらゆることを仕掛けて来ることが想定されます。
その国家緊急権は、第九章 緊急事態にやろうと思えば「何でもできる」を織り込んでいます。 --> こちら

つぎの動画ですが、安倍さんのこれまでの言動がヒトラーのそれと見事に符合していることを描いています。
ということだと、これから何が起きるかも想像がつくというものです。
クリック ↓ でYoutubeを開く
hodoStation160318_ss.jpg


 大新聞・テレビが批判をやめた、戦前と同じ。
安倍首相「安保法制は中国が相手、必ずやる!」と戦争を想定--> こちら
たかが個人的な野望なのに、実現するためにはどんなに反対されようが構わず進め、そして国民を戦争へ引き摺り込む・・
 断じて許しません。
戦争法案施行に合わせて日中緊張が仕掛けられ着々と前準備が整えられる。戦争させられるのも時間の問題である。
「ふたたび戦争の歴史になる・・」と2007年安倍一次政権から繰り返し警告してきた。
2005年に決定されたシナリオがいよいよ最終章を迎える、まさに危機的状況となってきた。
殆どの国民が知らないでいるシナリオが、しかも着々と積み上げられてきていることに気付き、そして大声上げて阻止しないと取り返しのつかないことになる。
阿鼻叫喚となる前に・・・

というのは、
アーミテージ・レポート第3弾アーミテージレポート(ブログ) のシナリオ通りに進んでいることでわかるように、アメリカ戦争屋勢力が、ニッポンの外務省と安倍政権(強力な軍事力を持つことで有利になれるという妄想・野望)を利用できるところまで最大限利用しようとしているからだ。
自分から決して先には手をださず、
ニッポンを使って事を起こそうとしている連中の 謀略 はいまだ消えていない。執念深くしかも確実に実行しようとしている。
どんなに時間がかかろうが、システマチックに動いてやり遂げる連中を甘くみたら後悔することになる。
アメリカが仕掛けてきたこれまでの謀略・戦争の数々が教えてくれている。

ふたたび戦争の歴史になる・・
クリックで原寸大
WarHistory3_s.gif


LIBERAL_PARTY_m.gif
自由党(国民の生活が第一)

kokuminSeikatu_s_s.jpgkokuminSeikatu_s.jpg


Appendix

リンク

「お気に入りの音楽」 もくじ

myFavoriteMusic_s.gifmyFavoriteMusic_m.gif

※※ 納得ゆく演奏を取り上げています。高音質なスピーカーや抜けのいい開放型ヘッドフォンでどうぞ ※※

【愛聴盤】ショパン ノックターン 江崎昌子エザキマサコ
MasakoEzakiNocturnes_ss.jpg

録音は最悪で申し訳ありませんが・・・
ショパン ノクターン第20番 嬰ハ短調 「遺作」~ギオルギ・ラッザビゼ
GiorgiLatsabidzeNocturneNo20_ss.jpg

ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.61 ~クライディ・サハチ
BeethovenViolinConcerto61_ss.jpg

アルネセン マニフィカト ~Arnesen MAGNIFICAT
ArnesensMAGNIFICAT_ss.jpg

チャイコフスキー第6番"悲愴"チョン・ミョンフン
Tchaikovsky6SeoulPhil_ss.jpg

マリ・サミュエルセン ヴィバルディ四季~夏
MariSiljeSamuelsen_s.jpg

八神純子 DAWN
DAWN_s.jpg

ブラームス交響曲第一番 スタニスラフ・フランクフルト放送交響楽団
Brahms1hr-Sinfonieorchester_ss.jpg

ベートーヴェン「月光」ネルソン・フレイレ
NelsonFreireMoonlightSonata_s.jpg

ポールポッツ Paul Potts・La Prima Volta
PaulPottsLaPrimaVolta_s.jpg

ユジャ・ワン グルック・メロディー(ズガンバーティ編)
MirusiaSolveigSong.jpg

ミルシア La Vergine degli Angeli
LaVergineDegliAngeli_s.jpg

ミルシアMirusia ソルヴェイグの歌
MirusiaSolveigSong.jpg

Ave Maria ミルシアMirusia
AVE_MARIA_MirusiaLouwerse_s.jpg

ラブ・シュープリーム - 八神純子
loveSupreme2_s.jpg

ミルシアMirusia ショパン別れの曲
Mirusia_In_mir_klingt_ein_Lied.jpg

スーザン・エレンズ Don't Cry For Me Argentina
SuzanErensDontCryForMeArgentina_ss.jpg


本家HP

nonologo_s_s.gifnonologo_s.gif


「約束」 ~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯

yakusoku_s.jpgyakusoku_s.jpg


このブログをリンクに追加する

【著作権などについて】
インターネットは世界最大の図書館であるという考え方でページなどを公開しております。著作権までは放棄しておりませんが、当ブログも他のサイトも、ネットで公開している以上「どこのページへのリンク」も自由ですし連絡も要りません。「引用」も「コピー&ペースト」もご自由にどうぞ。もちろん図表なども制限ありません。いずれも、引用元を明記くだされば幸いです。 管理人
【管理人へのメール】
  メールは --> こちら からお願いします。

【お詫び】システム不良で不達。修正しました。

QRコード

QR